料金や報酬等の源泉徴収を行わなければならない人の範囲について教えてください。

その源泉徴収をされる人が居住者であるか、内国法人であるかによってことなります。 国内居住者に対し、国内での源泉徴収の対象に含まれる料金や報酬を支払う人は、その料金や報酬を支払う時に所得税と復興特別所得税の源泉徴収を行わなければなりません。 しかし、その支払者が個人で、その個人が給与などの支払いを行う人でない場合や、給与などの支払いを行っても常に二人以下の家事使用人だけに対する給与を支払う人である場合は、源泉徴収の必要はありません。(ホステスなどに支払う料金や報酬の場合は除外)(.......続きを読む

ダイジェスト

Copyright© 2014 料金と報酬に係る源泉徴収額がスッキリ! All Rights Reserved.